宮城県支部について知りたい

わたしたちは、苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、
いかなる状況下でも、人間のいのちと健康、尊厳を守ります。

宮城県支部のご案内

支部長挨拶

赤十字は「人間のいのちと健康、尊厳を守る」という使命のもと、災害時救護活動のほか、救急法等の普及活動や防災教育の推進など、様々な活動を展開しております。
県民の皆様からのご支援に深く感謝申し上げますとともに今後も赤十字事業に対する一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

日本赤十字社宮城県支部
支部長 村井 嘉浩


宮城県支部について

宮城県内の赤十字活動を担うため、1887年(明治20年)12月に日本赤十字社宮城県委員部を創設し、1894年(明治27年)1月に日本赤十字社宮城支部と改称、1953年(昭和28年)9月に日本赤十字社宮城県支部と改称され現在に至っています。

宮城県支部では、赤十字病院2施設、血液センター、地区(本部)・分区等と連携し、国内の災害救護活動を中心に県民の皆さまのニーズに合わせた地域活動、医療事業、血液事業、救急法等の普及、青少年赤十字、ボランティア活動など幅広い活動を展開しています。

このような赤十字の活動は、毎年一定の資金を提供してくださる赤十字社員(会員)の皆さまと、様々な活動を展開する赤十字奉仕団をはじめとするボランティアの皆さまによって支えられています。

日本赤十字社宮城県支部組織図

日本赤十字社のミッションステートメント


日本赤十字社組織図

地区(本部)・分区 仙台市(区) 1地区本部(6区地区)
13市地区、25分区
町村 21町村分区
県事務所 5地区

県内には地区と分区があり、地区は区と市、分区は町村にあります。 なお、仙台市などの政令指定都市には、地区を統轄する地区本部があり、分区にはそれを統轄する地区(県事務所)があります。


県内施設のご案内

日本赤十字社 仙台赤十字病院

日本赤十字社 石巻赤十字病院

日本赤十字社 石巻赤十字看護専門学校

日本赤十字社 宮城県赤十字血液センター


宮城県の献血ルーム

杜の都の献血ルームAOBA

献血ルームアエル20

ページの先頭へ