ボランティアに参加したい

日本赤十字社の活動は、全国のボランティアによって支えられています。
あなたも、“困っている人、苦しんでいる人の役に立ちたい”という思いを行動に移してみませんか?

1859年、戦時に敵・味方の区別なく負傷者を救護したのが赤十字ボランティアの始まりでした。時代が変わっても、「苦しんでいる人を救いたい」(赤十字精神)という思いは同じです。宮城県支部では、その思いをカタチにする5つの赤十字ボランティアが活動しています。あなたも、自分にあったカタチでボランティアを始めてみませんか?

ボランティア一覧

地域赤十字奉仕団

「赤十字のボランティア活動を通じて地域社会に貢献したい」という思いを持った人びとによって市区町村ごとに組織されたボランティアグループ。
主に地域のひとり暮らしの高齢者宅訪問などの高齢者支援活動や児童との触れ合いを通じた健全育成活動、災害救護・防災活動、赤十字のPRなど、地域ニーズに合った多岐にわたる活動を行っています。
平成29年度の活動については、赤十字奉仕団活動実践集録VOL.32をご覧下さい。

お問い合わせは、宮城県支部 組織振興課 022-271-2252 までご連絡願います。

青年赤十字奉仕団

おおむね18~30歳の社会人や学生などで組織されたボランティアグループ。
県内では、3団の青年奉仕団が、献血推進活動をはじめとしたさまざまな活動を行っています。

宮城県青年赤十字奉仕団・・・社会人と学生で構成 団員募集中!!
 
 Facebook
Twitterにて活動状況更新中!
赤門青年手技医療赤十字奉仕団・・・赤門鍼灸柔整専門学校の学内で構成
石巻赤十字看護専門学校学生赤十字奉仕団・・・石巻赤十字看護専門学校の学生で構成

お問い合わせは、宮城県支部 組織振興課 022-271-2252 までご連絡願います。

特殊赤十字奉仕団

さまざまな専門技術や職業を活かして活動するボランティアグループ。
県内では、有資格者(看護師、教職、赤十字救急法救急員など)、アマチュア無線、ビューティーケア(リラクゼーション、お化粧)、柔道整復師、手話、芸能(歌、踊り)などの専門技術を活かして、平時から災害時まで幅広く活動をしています。
 

お問い合わせは、宮城県支部 組織振興課 022-271-2252 までご連絡願います。

防災ボランティア

災害時の活動を主とするボランティア。
普段から救護訓練や研修などに参加して救護活動のノウハウを習得し、災害時にはボランティアセンターの運営、情報収集、炊き出し、安否調査、救援物資の輸送・配付など、日赤の救護活動に協力します。
また、平時においては、県民の皆さまに対し、防災・減災の普及や啓発、赤十字PR活動などを行っています。

赤十字防災ボランティア養成研修会を、平成31年3月2日(土)を予定しています。
参加希望の方は、宮城県支部 組織振興課 022-271-2252までご連絡願います。

赤十字救急法等ボランティア指導員

地域や学校などで、赤十字講習を普及するボランティア。
事故防止思想や不慮の事故・急病に対する一次救命処置および応急手当の方法などを内容とした救急法をはじめ、水上安全法、幼児安全法、健康生活支援講習などの知識や技術を伝えます。また、講習を通じて赤十字思想を広めています。

※指導員数(平成30年4月1日時点)
赤十字救急法44名、赤十字水上安全法14名、
赤十字幼児安全法16名、赤十字健康生活支援講習4名

お問い合わせは、宮城県支部 事業推進課022-271-2253までご連絡願います。

個人ボランティア

石巻赤十字病院、仙台赤十字病院、宮城県赤十字血液センターなど各赤十字施設で活動するボランティア。
 

ボランティアの受け入れ状況は施設によって異なるため、直接お問い合わせください。
施設のご案内へ

ページの先頭へ